【鹿島茂講演会チケット付き】鹿島茂『デパートを発明した夫婦』
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

【鹿島茂講演会チケット付き】鹿島茂『デパートを発明した夫婦』

残り1点

¥760 税込

送料についてはこちら

鹿島茂さんの著作をご本人からお預かりし、直売! いまなら2021年6月19日に町田市立国際版画美術館で行われた鹿島茂さんの講演会「パリの景観について」の視聴URLチケットがついています。 --- 著者:鹿島 茂 出版社:講談社 装丁:新書(238ページ) 発売日:1991-11-18 ISBN-10:4061490761 ISBN-13:978-4061490765 内容紹介: 19世紀半ば、パリに産声をあげた、世界初のデパート〈ボン・マルシェ〉。衝動買いを誘うウィンドウ・ディスプレイ。演奏会、バーゲンなど集客戦術。〈必要〉から〈欲望〉へと、消費のキイワードを一変させた天才商人、ブシコーとその夫人の足跡を追う。 「白」の展覧会――大売出しの始まり――バーゲンの終わった1月下旬のある寒い日、売上げの落ち込みを回避する方法はないものかと思案しながら窓の外の冬景色をぼんやりと見つめていたブシコーは、空から降ってくる粉雪に目をとめた。その瞬間、「白」という言葉が頭にひらめいた。業界用語では、白(ブラン)とは、リンネルや綿布などの白生地を使ったワイシャツ、ブラウス、下着、シーツ、タオル、テーブル・クロスなどのことを指す。ブシコーは、暮れの大売り出しと年頭のバーゲンのあと、春物を売り出すにはまだ寒いこの時期に、季節商品とは関係の薄いこの「白物」を集中的に売り出すことを思いついた。かくして、2月の初め「エクスポジシオン・ド・ブラン」と銘打った「白物」の大売出しが始まった。それは、エクスポジシオン(展覧会)というにふさわしい、ありとあらゆる白生地商品のオンパレードで、店内の多くの売り場がこの商品の展示のために使われ、店内はまさに白一色の銀世界と化した。――本書より 【ご購入後の流れ】 ・ ご入金確認後、一両日中にクリックポストで書籍をお送りいたします。 ・ 講演(音声のみ)は、書籍に同梱のチケットに記載のQRコードをスキャンで視聴可能です。 【ご視聴の注意】 ・動画はダウンロード不可です。ご案内したURLからは何度でもご視聴いただけます。 ・二次利用や第三者への譲渡はお控えください。